気づいたら、走るのに夢中

取るに足らないランニングのブログ。

奈良マラソンふりかえり②

もうすぐ奈良マラソンが終わってから1週間。

仕事が暴力的に忙しいので、心が死んでいる。

f:id:rain-cascade:20191209183705j:image

 

もし少しでも奈良マラソンに興味を持っている方がいたら全私が総力をあげておすすめします。応援の熱量は大きいしエイドも個性的だし、何といってもコースが刺激的で走ってて全然飽きない。

高低差はもちろんだけど風景もしかりで、言ってみたらどこにでもある田舎道を走るんだけど、私は奈良市から天理市へ向かう中間地点あたりからが特に好き。街から山へ、みたいな。

ふだん開放していないところも通れるし、天理教本部のあたりはけっこうすごいですよ。なにがすごいの?と思ったらぜひ来年エントリーしよう。

 

坂パラダイスだけど、奈良マラソンはほぼ同じところを往復するコースなので、たとえ登りで痛めつけられても下りがあるから平地と同じようにがんばらなくても大丈夫。

私みたいに坂道が絶望的に走れないへなちょこマンでもなんとかなってるので大丈夫です。

それより、奈良マラソンで大事なのは登りより下り。

後半やってくる坂の波状攻撃に耐えられるようにいかに序盤から省エネで走るか、脚を使わないか、それが重&要だと思う。

 

ひとつ不満をあげるとしたら前日受付はなくしてほしい。

駅からまぁまぁあるし、良アクセスとはいえない場所なので事前に送ってくれたら楽なんだけどな。

でも奈良マラソンは受付と同時に開催してるEXPOが物販あり出店ありでけっこう充実してるので行けば行ったで楽しかったりしますね。

奈良マラソンに限らずだけど、マラソン大会における前日受付システムもそろそろ見直してほしい。と個人的には思います。

 

 

 

「ちゃんとガーミンの充電をしていたら」とは5万回くらい思ったけど、たぶんしていても結果はそれほど変わらなかったと思う。マラソンってまぐれとかミラクルとかないから、落ち着くところに落ち着いた結果だとそう思ってます。

 

でも去年より3分サブ自分できたことはとてもうれしい。

たった3分だけど、私には大きな3分です。

 

あまり甲乙つけるのは好きじゃないけど、奈良マラソンは私の中で1,2を争ってるくらい好きな大会です。わざわざ行きたいくらい好きだけど、この時期行われるほかのレースも走ってみたいので、さみしいけどいったん卒業します。(本当は迷ってるけど)

 

また脚を作って必ず帰ってくるので、鬼コースは変えないでね(^^)

これからも地元の方やたくさんのランナーに愛される大会であり続けますように。

f:id:rain-cascade:20191213165217j:image

 

 

 

next▶︎▶︎▶︎静岡マラソン

しぞーか(^^♪しぞーか(^^♪

同じく参加されるみなさま、3月はよろしくお願いします。