気づいたら、走るのに夢中

取るに足らないランニングのブログ。

ファットアダプテーションはじめました

最近太り出した夫がファットアダプテーションをはじめる、というので一緒に乗っかることにしました。ちなみに夫の口癖は「お腹すいて死にそう」です。

 

ファットアダプテーション(長いので以下FA)とは、私なりの解釈で簡単に書くと「糖質を制限して、脂質、たんぱく質を積極的に摂取し、脂質をエネルギーにして生活又は運動できる体質に改善する事」です。

方法としては前回の食事から15時間程度の糖質オフ時間を設けること。

この「糖質断食」を行うことで血糖値の乱高下を抑え、代謝を糖質ではなく脂質燃焼回路に切り替える?育てていく?のが目的です。

 

FAのことを調べると、必ず【完全無欠コーヒー】や【バターコーヒー】といった単語にたどり着きますが、これを作るには手間がかかる上に使用する材料も高価ときて味も好みではなく(←個人の感想です)続けられる理由が少ないので、ココナッツ100%由来のMCTオイルを用いることにしました。

MCTオイルもちょっと前からよく聞きますよね。吸収されやすく、エネルギー変換が早く、なおかつ脂質代謝を促進する効果があるという、あのオイルです。

 

このMCTオイル何らかの形で摂り、それを朝食に置き換えて実践することにしました。

 

具体的には、

朝:MCTオイル入りのプロテインまたはコーヒー(7時頃)

昼:おべんと(自作/12~14時頃)

f:id:rain-cascade:20190717213352j:image

夜:肉、魚、野菜、大豆、発酵食品、米または麺の組み合わせ(20~21時頃)

 

これでだいたい糖質オフの時間は15時間くらい。

 

朝抜くからおなかすくんだろーなー、と思ってましたが1日目から全然大丈夫でした。

時々気分転換で糖質ゼロのガムを20分間くらい噛むくらい。低糖質のおやつをデスクの引き出しに入れてますが、食べなくてもお腹は余裕でもちます。

はじめの数日間はちょっとした倦怠感や体の不調もあって、もしかして体に合ってないのかと思ったりもしたけど体が慣れてなかったみたいで、10日経った今ではなんともないです。

 

夜ごはんの炭水化物は抜いたほうがいいんでしょうけど、夫が待ってるので帰ってから急いで作れる献立っていうとどうしても麺!とかカレーでお米がっつり!になってしまうのをどうしたものかと…。

f:id:rain-cascade:20190717213600j:image

カレーは好物なこともあってよく作ります。

最近はひき肉のカレーが好き。

f:id:rain-cascade:20190717213543j:image

白米やめて玄米とかにしたほうがいいのかなぁ~、でもそこまでやるのちょっとめんどー。(言うな)

 

はじめてから10日経ちましたが、体重は微減。でも体脂肪はすとんと減っててびっくりです。脂質が燃えてんのかしら。。。まーでも1週間や10日じゃよくわかんないね。

ちなみに夫は私と逆で体重がすとん、体脂肪は横ばいらしいです。

 

FAのもうひとつの副産物として、仕事してて集中力が増すとか頭が冴えるとかそんなこともあるみたいだけど、そっちのほうの実感はあんまりないです。眠いときは眠いし。

 

出来る範囲でいろいろ工夫しながらゆるーく長期間で体質改善に取り組んでみようと思います。体がどんなふうに変わるのか、ランニングにはどんな影響があるのか、これからいろいろ楽しみだなー。

 

ちょっと面白いので、食べたものなんかを記録して振り返り的にまた書きます。(たぶん)