気づいたら、走るのに夢中

取るに足らないランニングのブログ。

1/13 第20回 ハイテクハーフマラソン

2019年最初のレースは、

苦手な苦手なハーフマラソンでスタートしました。

f:id:rain-cascade:20190113162021j:image

 

前半は抑えて後半上げられるところまで、と思ってたんだけど、折り返してから急に足のつま先から足の裏が痺れてきてペース上がらず。結局、前半50分に対して後半は60分かかり、トータル1時間50分(5:13/km)で完走しました。

f:id:rain-cascade:20190113202546j:image

この日は日差しもあってそんなに寒くなかったし、給水もしたし、シューズの紐の結び方なんかも特にいつもと変わったことはないと思うんだけど……。いったいなんだろう?走り終わってお風呂に入ってマッサージしてみてもしばらく痺れが残ってたので、なんだか怖くて気持ち悪いです。

 

 

そしてこのレース、私にとって忘れもしない記念の初ハーフなのです。当時の私は2時間3分(5’49/km)でやっと完走して、ゴール後は足がガクガクでした。

 

早いもので、この時から3年経ちました。

この時の私は、「3年後の自分はめちゃくちゃ速く走れるようになってるはず」などと根拠もなく思ってたけど、たいして成長はなくスピードがないのは相変わらずですな(´-`)

 

でも走るのが好きってことは今も3年前も変わらなくて、この気持ちが根っこにあるからいまだに走ることを続けてられてるんだろうな、としみじみ思いながら帰路につきました。

 

これもはっきり覚えてるんだけど、初ハーフを完走した日、その日はもう体の消耗が激しくてごはんも食べれずぐったりだったのです。

でも今日は

f:id:rain-cascade:20190113205531j:image

友人3人で手羽先祭りでした😊😊😊😊😊😊

らんふろびーる🎶