気づいたら、走るのに夢中

取るに足らないランニングのブログ。

2/25 東京マラソン2018

 f:id:rain-cascade:20180226030039j:image

2/25 朝ごはん。

レース当日の朝にたくさん食べるとお腹がついていけないことが多いので、ふだん食べ慣れたものを食べるようにしています。それから一六タルトも。先週トシさんにいただいた愛媛のお土産をこの日のパワーにしようと思って取っておきました。

おいしかった(*´꒳`*)ありがとうトシさん。

f:id:rain-cascade:20180225213538j:image

 

 

朝9時10分、定刻どおりに東京マラソン2018がスタート。Eブロックの私のスタートロスは約5分でした。走路は広いんだけど何しろ人が多くてなかなかスムーズに進みません。はじめの1kmが6’10/kmで焦るけど、とにかく我慢。

7.6km地点ブログ村応援団のわたなべさん、10km地点Macさん&びあーさんのところを通過して、中間地点までそろそろと進みます。ここまで5kmごとのラップはすべて28分台で通過タイムは1時間54分、抑えすぎてるくらい抑えに抑えたので足はぴちぴち。もうペースを上げたくてたまりません。

ここから行こう、と決めました。補給をしてひと呼吸いれて走り出すと、1km経たずに突然強い痛みが腰から下にかけて走ります。はじめて経験する痛みで体勢を保てないくらい。走るのも辛いのに、息を吸うだけでも痛くて涙が出てきました。

なんだろうこれ、なんで急に?どうした私の足?

 24km以降はもう完全にjogペース。フォームも崩れて1度も1km6分を切れなくなったけど、腕を振って必死で前に進みました。痛いところをかばっているせいか、いろんなところが痙攣しだしてきます。

 残りはあとたった1km。いつも買い物や待ち合わせで訪れている華やかで大好きなエリア、丸の内仲通りは沿道の人人人で圧巻の風景でした。痛くてたまらないけど、東京マラソンがもう終わってしまうと思ったら涙腺崩壊。

フィニッシュゲートが見えて、サングラスを外しました。最後の景色はこの目ではっきり見て焼き付けておきたかった。まぁ、はっきり見るも何もその前に泣いちゃってるんだけど。

 

グロス:4時間21分15秒

ネット:4時間16分04秒

f:id:rain-cascade:20180226092714j:image

 

ゴールできて安心したけど、悔しさが後から後からこみ上げてきてその場でめちゃくちゃ泣きました。

 

どうしてこんな風になっちゃったんだろう、何がいけなくて何が足りなかったんだろう、どこが間違ってたんだろう。今ごろとっくに4時間を切って写真でも撮ってる頃なのに、みんな応援してくれたのに、朝から沿道で待っててくれてた人もいたのに。

 

でも、1度だって歩かなかった。

もう無理だなんて思わなかった。

根性論なんかじゃないけど、リタイアという選択肢はありませんでした。レース前の準備段階からして尽くすべきを尽くしたし耐えるべきを耐えた、そういう意味では持てる力をすべて出し切れたと思っています。

 

私が好きな言葉。(敬愛する村上春樹さんの著書から)

Pain is inevitable, Suffering is optional."
「痛みは避けがたいが、苦しみはオプショナル(こちら次第)」

あぁ、きつい、もう駄目だ」と思ったとして、「きつい」というのは避けようのない事実だとして、「もう駄目」かどうかは本人の裁量に委ねられているということである。

 

 

心身ともにダメージが大きくて、1日経っても思い出すといまだに泣いてしまいます。次のレースもあるけど、気持ちが切り替えられるのにもう少し時間が必要みたい。

 

心と体の充電が完了したら、また脚を作って挑戦します。何度だって挑戦します。そしてきっとその時は必ず。

f:id:rain-cascade:20180226092435j:image

 

診断の結果は肉離れでした。しばらく休んで治療に専念しようと思います。