気づいたら、走るのに夢中

ランニング2年生のブログ

柴又100kの応援に行ってきました

6/4日曜日、朝5時。

朝から吹く風は少し冷たいものの朝から快晴で、晴れの予報が変わらなかったことを残念に思いつつ近所の神社に完走祈願に走って行きました。

f:id:rain-cascade:20170604215751j:image

 

この日は柴又100k当日。

今年の柴又には普段一緒に走ったり遊んだりしている仲間が多く参加していたので、現地に行って追跡アプリで位置情報を確認しながら90km地点で続々とやってくる仲間を迎えました。笑顔の人もいれば、私の顔を見ると泣き出す人もいて、みんな口々に「もう走りたくない」「残りの距離変わって」「足が痛い」「足が痛い」「足が痛い」。

 

ウルトラはやっぱりすごい。
土台としてLongdistanceに耐えうる脚を作らなければならないのはもちろんだけど、もう最後はメンタルだと思う。じゃないと、この途方も無い距離は乗り越えられないと思いました。
 

 f:id:rain-cascade:20170605205409j:image

参加した私の友達はほとんどが初ウルトラだったけど、ひとりも欠けることなく制限時間内に全員無事に完走。 すごいよね。みんなフィニッシュは最高にいい笑顔でした。

f:id:rain-cascade:20170605205936j:image

 

 

目の前でウルトラマンをたくさん見て、私もそっち側に行きたい気持ちと、怖気づいたのと半々。

 

100km、どんな感じだろう。

さすがに走って完走は無理だろうなぁ(^^;;