読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気づいたら、走るのに夢中

ランニング2年生のブログ

長野マラソンと1年間のこと

速報、振り返り記事それぞれにコメントをありがとうございました。少しずつ回復していますが、まだ固形物が食べれず全身がむくんでパンパンです。はぁぁぁ…。

 

今日は長野マラソンのことを少し書き足しておこうと思います。

 

長野マラソン、すごくいい大会でした。 

運営がスムーズなのは言うまでもなく、細かな気遣いが運営側だけでなく長野市民の皆さんからも感じることができました。

給水エイドは約2kmおきに16箇所。25km過ぎからは救護テントも同じくらいのポイントに点在していました。もうどこもかしこも夜戦病院状態でしたけどね(ー ー;)

 

エントリーにやや難ありかなぁとは思うけど、多少のアップダウンもあるし長野市のいいところを通って景色を楽しめるコースは最高。温かい応援もたくさんもらえるし、空気も食べ物も美味しい。長野は比較的どの地域からもアクセスしやすいんじゃないかと思うので是非お勧めします。

私も今度こそコンディション万全で楽しみたいけど、いかんせんこの時期は年度末業務がたてこんで当日にピークを合わせるのが難しいことがハッキリしたので、当分は見合わせることにします。

でも、余裕が出てきたらいつかまた走りたいな。

 

今年の完走率は史上最低の70%台だったそうです。恐らくほとんどが熱中症や脱水でしょう。

4月のこの時期はなかなか天候が安定しなくて予想も難しいかもしれませんね。私の初フルだった去年の同日かすみがうらも暴風雨だったし、かと思えば降雪だった年もあると聞きます。天気は味方にもなってくれるけど、時にそうじゃない時もある。今年はかすみがうら組の結果も含めて、そんな自然の怖さを感じました。

 

次に私のこと。今回走ったことを後悔こそしていないものの、とても反省しています。

朝の段階で微熱がある時点で自重するべきでした。実はスタート前からすでに頭痛と喉の乾きを感じていたのに、友人2人がいるからなんとかなるかもしれないと甘えていたんだと思います。

 

走り出したら完走はしたい。私は11月のフル(つくば)の2日前に発症したインフルエンザにより参加できなかった悔しさが心の中にずっとあって、意地になっていたんだと思います。

 でも、レース後にこうやって大きなダメージ負って日常生活を難儀してるんだから、つまんない意地ですよね。DNFしたら走ってないのと同じことだからやっぱり悔しいだろうけど、恥じることじゃない。やめる勇気を出すことも必要だとつくづく思いました。

 

今回は1年ぶり2度目のフルマラソンでした。初フルを暴風雨のかすみがうらで4時間20分で完走してから丸1年、サブ4達成が目標だったけど全く手が届かず。怪我も体調管理も含めて、これが1年間の全てです。

成長できたのかどうかはわからないけど、走るのが好きな気持ちに変わりはありません。

 

秋は必ず、絶対サブちゃんになるよ、私は。

 

最後に写真。

f:id:rain-cascade:20170419075208j:image

完走サポーターの2人(両端)と。

見えてないけど3人おそろいのデザインTシャツです。

 

f:id:rain-cascade:20170419084633j:image

お友達がゴール後に撮ったものをフレームに入れて記念にプレゼントしてくれました。感激!

びーびー泣いたあとで、顔がすでにむくんでパンパン(笑)

なのでモノクロ加工(セコい)

 

f:id:rain-cascade:20170419080054j:image

f:id:rain-cascade:20170419080057j:image

シューズ&顔円陣。

これ、6月のオフ会でもやりましょう(*^^*)