気づいたら、走るのに夢中

ランニング2年生のブログ

【ボランティア】2/26 東京マラソン2017

東京マラソン2017当日、ボランティアスタッフとして私がお手伝いをしたのは7km地点付近のコースガイドです。主な活動は沿道に立って観客からの物の投げ込みやコースへの進入または横断を防いだり、観客への迂回路の案内、トイレ案内、ゴミ拾い、距離表示などなど。指示に従って規制線を張ったりコーンを固定したりしてコースの設営を行い、ランナーを待ちます。

振り分けられた持ち場はビルの影で日が当たらず、じっと待機しているとものの数分で体が冷えてきます。特にアスファルトの冷たさが病んでいる足底には辛かった。

でもそんな時間もわずかなもの。車いすの選手に続きスタートから約19分でペーサー軍団とともにトップ選手が見えてきます。7kmを19分…まだ4〜5kmをチョロチョロしてるなぁ私(・・;)

徐々にランナーの数が増え、ランナーさんが寒さ対策で着ていたビニール袋やカイロのゴミを拾ったり受け取ったり、トイレの案内をしたりハイタッチを交えて応援したり。

右手を差し出すと多くの人がタッチしてくれます。「ありがとう」と言ってくれる人も。言われると嬉しくて、照れや恥ずかしさなど一切なくこちらも自然と「がんばって」「行ってらっしゃい」と声が出ます。さっきまでの寒さは完全に忘れて夢中でした。

 

 

てつさんとはInstagramでも繋がりがあるので、ナンバーカードはあらかじめ教えてもらっていたし、なおかつ私の待機場所もスタート前に伝えることができたので、一瞬だったけど対面を果たせました。

てつさん、しゅっとしてカッコよかった(*´∀`*)

ネムネムさんにもウエアは教えてもらってたんだけど見つけることができず。囲み髭だなんて髭萌えの私からしたらどストライクなのに〜残念。いつかきっとお会いできますように。来年の東京マラソンにお互い参加できるとこの上なく喜ばしいですね(*^^*)

 

まだ7kmなのでそこまでランナーがバラけずひとかたまりで通過。最後の1人を見送ってから後片付けをして約2時間半でトラブルなく活動は終了です。

f:id:rain-cascade:20170227124438j:image

朝からの作業ですっかり打ち解けて、来年はランナーで会おうね〜と言いながら解散。

 

その後はトップ選手がゴールしたというニュースを確認して、友人と合流するために東京タワー付近の芝公園がある39km地点に向かいました。すでにスタートから3時間が経ち正午近くです。気温も高く、応援には暖かくていいけど走るには暑いくらいの陽気で、すでにここまで走ってきているランナーさん達の表情は、7kmで私が見ていた顔とは明らかに違う、疲労混じりの辛そうなものでした。

 

なのでとにかく応援。応援応援応援。

応援しながらてつさんの通過を待ってたんだけど、私がちょっと横を向いている間に目前を通り過ぎで、後ろ姿だけ…。も一回ハイタッチしたかった。

f:id:rain-cascade:20170227184258j:image

 ランナーの笑顔ってすごくいいなと思いました。笑うって大事だなぁと。応援してる私の方が見えない力をもらった気がしました。

 

東京マラソンじゃなくても、またなんらかの機会にボランティアはやりたいと思っています。

走らなくても違う形でマラソンに関わることはできる、そう思った1日でした。

f:id:rain-cascade:20170227183223j:image

支給品のカイロ、絆創膏、Quoカード

 

f:id:rain-cascade:20170227183331j:image

ボランティアスタッフ向けのセキュリティバンド。この他にもテロ対策や不審物への対策など、仮想東京五輪を意識した取組も垣間見れました。