読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気づいたら、走るのに夢中

ランニング2年生のブログ

6月振り返り

f:id:rain-cascade:20160629075303j:image

夏が来る。どうしよう。

暑いの嫌だ…


私は喉元を過ぎると熱さを忘れるタイプなので、調子に乗らないためにも、6月の振り返りとして足底筋膜炎になってから再開まで取り組んできたことなどを備忘録的に残します。ちなみにほとんどのことが現在進行形です。

①ハム、ふくらはぎ、脛の筋膜リリースいろいろ

本当は隙間時間にマメにやったほうがいいんだろうけど、入浴後にまとめてやってます。


②足指トレーニング
足の5本指にシリコン製のトゥセパレーターをはさんで指を開いたり閉じたりして足指の柔軟&足裏の筋肉を鍛えてます。ぐーが長め。
これは持ち歩き用もあって、仕事のちょっとした休憩中にもやってます。
足の指が開いて気持ちいいし、夕方の浮腫みもちょっと楽になる。この前は映画館にも連れて行きました。シリコンだからボロボロにならないし、洗っていつもきれいに使えるのもイイ。
 

③足裏、ふくらはぎのマッサージ
入浴後、靴下をはく前、テレビを観ながらなどの隙間時間に。
常に続けてるとコリやハリが取れて痛みやだるさも楽になっていくのがわかります。ふかふかの足裏を目指して。

④プール、整体通い
平泳ぎが面白くなってきました。7月某日は岩崎恭子さんが特別講師に来てくださる日があるので予約しています。
整体師さんは私の足の状態をいちいち豚肉の部位に例えるのはなんでなんだろうw
この前なんて「立派なブランド豚になりたくないの?」って真顔で聞いてきましたからね。なりたいわけがない。なんなの。
 

⑤かかとの高い靴、つま先の小さい靴をはかない
ヒール全般に当たりますが、かなりの負担がかかるので封印しました。
痛くなってからも構わずはき続けていたせいで悪化した感もあります。
こういう靴は昔から好きだし、お気に入りもたくさんあるのではきたいですけどね…。
通勤時だけヒールで職場では履き替える、なんてこともしてたけど治すことを優先でいっさいやめました。

 

⑥フルカスタムインソールを作る
過去記事で書いたとおりです。安くないのでもちろん悩みましたよ。
ちなみに普段ばきの靴にはSIDASのインソール(既成)を入れてます。
 
⑦とにかく足裏を消耗させない
痛かったからというのもあるけど、足裏への衝撃や負担になるようなことは極力回避していました。階段よりもエスカレーターを利用しましたし、信号が変わる直前の小走りすらしませんでした。自転車に乗るときはつま先をペダルにのせて漕いでたな。
 

⑧寝る前に祈る
お祈りです…(笑)足底筋膜炎って、朝起きた時が一番痛いんですよね。
だから眠りにつく前に、「明日起きたら少しでいいから良くなってるといいな」と思いながら就寝してました。でも朝起きるとだいたい痛いから、当時はそのたびにいちいち絶望。

「祈る」…ってアホかこの丸顔!歳いくつだ!と思ったでしょうが、それくらい痛かったし走れないのが辛かったんだなと憐れんでいただけると(笑)

 

このほかにテーピングをしてたこともあって、確かに楽なんだけどこれは対処療法に過ぎないことに気づいてやめました。痛みのカモフラージュではなく、なるべく根治を目指したので。

でもアーチの改善という見方からすればテーピングも効果が期待できるんじゃないかと思うし、ここらへんはまだ様子見。

 

 書いてみるとあんまりたいしたことやってないなと思うけど、これだけいろいろ同時に実践していたので、何が1番効果が高かったのかは正直わかりません。ただこうやってあらゆることをやりながらもまだどこかに多少の違和感を感じているので、こんな顔して→( ^ω^ )「完治しましたよーん、うふ」とは言い切れる状態ではなく、今も最適なセルフケアの仕方を探りながらガラスの足裏と向き合っているし、引き続き再発防止に注力しなければいけません。



f:id:rain-cascade:20160703104108p:image

前半ガラーーーーーーーーン。 

 6月の月間走行距離は17日に練習を再開して51kmでした。

改めて、走れるって幸せ。