気づいたら、走るのに夢中

ランニング2年生のブログ

ブログ100記事達成

 f:id:rain-cascade:20160524180903j:image

 6月でブログを書き始めて間もなく1年になるんですが、前回の軽井沢ハーフマラソンの振り返りでちょうど100記事でした。1年で100記事は早いのか遅いのかよくわからないけど(たぶんかなり遅いほうなんだろうな)、100記事を投稿するまでは続けるつもりだったので地味にほんのりうれしいです。投稿が90件にさしかかるあたりで100記事目はびしっとちゃんとしたこと書こうと思ってたのに、その後見事に忘れ去っていて記念の100記事目はハーフの自己ワースト大記録を盛大に樹立したという恥さらしブログでした。(通常営業ともいう)

 

ちなみ過去に何度か聞かれたことがあるので書いておこうかな。

IDの「rain-cascade」の意味。これは昔、仙台に住んでいたころに乗馬を習っていて、当時の愛馬「レインキャスケード号(牡)」からもらったもの。ブログを開設するちょっと前にその乗馬クラブを訪れて彼と喜びの再会を果たしていたばかりだったので、その時の熱でつけました。別に何か意味があるとか願いをこめたとかそういうのじゃないです(汗)

ついでだけど「バンビ」のほうはさらに何の意味もありません。ただなんとなく思いつき。

ブログ主はただの顔の丸い36歳OLで、アイコンのような可愛らしい小動物のバンビとはだいぶ遠いイメージです。今思えば「丸顔」にでもしておけば良かった。

 

 

私がブログを始めたのにはそんなに大した理由はなくて、どちらかといえば興味本位に近いものがありました。ちょうどランニングを始めた頃とも重なっていたので、この2つを習慣づけたかったのと、自分の言葉で文章を書いてみたいと思った、そんな感じです。

書いてみてわかったのは本を読むのは好きでも、だからといって文を書くのが上手いわけではないってこと。たかだか1500文字やそこらの文章でも自分が書くとなるとやっぱり難しいものがあります。生みの苦しみなどとは全然わけが違うけど、長すぎないか、読みやすいかなどを考えながら文章にまとめていると「うーん、こういうこと言いたいんじゃないんだよね」と考え込んじゃって、書き始めてから投稿ボタンを押すまでにけっこう時間がかかってしまうことも。

 

軽い気持ちではじめたブログも今ではすっかり生活の一部です。書いたものを読み返すとよくもまぁこんなことを…と恥ずかしくなる内容ばっかりですが、内容について褒めてもらったり励ましてもらったりすると素直にうれしいし、「読まれている実感」があるので1年近く続けてこれた気がします。

 

ブロガーのみなさんは自分のブログに方針とかあるんでしょうか。

私はない。全然ない。書きたいことを書きたいペースで書き散らしているだけです。

 

誰の真似もせず、表現を大げさに盛ったりせず、淡々と、少し丁寧に。

 

自分がこれでいいと思わなければ続けられないと思うので、今後もこんな感じでひっそりと継続していくと思います。

 

****************************

本日はブログ100記事達成につき、著者近影。

 

f:id:rain-cascade:20160529213935j:image

今後とも当ブログをよろしくお願いします。

 

バンビ(丸顔)