気づいたら、走るのに夢中

ランニング2年生のブログ

30km走を振り返る

前のブログ記事で

「はじめて30km走った。疲れた。完」
というふんわりした内容を書いて更新したんだけど、疲れていたとはいえアレはないだろうと思ったので振り返っておくことにします。
 
f:id:rain-cascade:20160207144306j:image
 
30km走の場所は1周約5kmの皇居外苑
久しぶりの皇居ランはやっぱり楽しい、と思っていたのは20kmまででした。
 
それ以降はとにかく走りきれればいいので、ペースのことは考えずに続きを走り出したんだけど、この初めて走る距離に足を踏み入れるとやっぱり重いんですよね。足が。
息も苦しくないし痛いところもないのに、足がとてつもなく重くて前に出ない。感覚で歩幅がちいさくなっていることがわかります。
 
今までにも足が進まない、みたいなことはあったけど、こんなにもちいさな歩幅でしか動けないことはたぶんなかったと思う。それまでだいたい5:30〜5:40/kmの間でコツコツと走れていたペースが6分になり、上り坂では6:15/kmくらいまでダダ下がりしていました。
 
フルマラソンではよく30kmとか35kmの壁って聞くけど、私の場合は20km過ぎで早くもその壁に遭遇してしまったようです。
 
で、残りの距離。歩きはしなかったんだけど時々立ち止まって屈伸やストレッチをしてまた走り始める、を繰り返しつつかなり難儀しながら30kmを走りきりました。
 
f:id:rain-cascade:20160207144428j:image
 
30kmも走ったらさぞかし達成感があるだろうな、と思ってたけど正直あんまりないです。
今のところ達成感どころか、アップダウンに加えて距離耐性の不安が顔を出し始めてきました。
 
 
それから朝ごはんをあんまり食べなかったんですよね。食べたことは食べたんだけど、ちょっと少なかったかな。そのかわりにエネルギージェルで補うといった感じ。加えて前日に12kmちょっとを走ってるんだけど、その日夫が留守だったので夜ごはんを作る必要がなく、炭水化物を取らずに軽めに済ませてしまっていました。これじゃあ早々にエネルギーも枯渇しちゃうな、と。
実際、15kmあたりで空腹感を感じていたし。
 
f:id:rain-cascade:20160207144526j:image
 
30kmを走るって、そう頻繁にできる練習じゃないと思うのでこのあたりのことは本番当日さながらにやっておくんだったと思っています。補給用のジェルは持参していたけど、それでもといった感じ。
練習だからと言って少し簡単に考えてたかなぁ。
 
f:id:rain-cascade:20160207144620j:image
 
そういうわけで、またもや課題山積。
だけどネガティブは封印して、2週間後の青梅マラソンまでにやれることをやって臨みたいと思います。
 
 
写真は保存してあった「階段いろいろ」。
 
 
ここまで書いたこととなにか関係あるのかっていうと、まったくないです。
 すみません。