読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気づいたら、走るのに夢中

ランニング2年生のブログ

入院中はもっぱら読書

入院中っていうのは安静以外にすることがないので暇で暇で、具合が悪い時はまぁそれでもいいんですがだんだん回復して退院の目処がつく頃になると、どうやってこの有り余る時間を過ごそうかとタイムスケジュールを頭の中で作ったりしたものでした。

そんなわけでもっぱら読書。

夏の頃から読みかけの本が10冊くらい溜まってたので家から持ってきてもらったり、入院先と夫の職場が近いところにあったので、仕事の帰りに本屋さんに寄っては雑誌や新刊、時には古本を見つくろって毎日2〜3冊ずつ届けてくれました。

 夫も本が好きだし、私の好きなのジャンルや作家さんは熟知しているのではじめの数日は「そうそうこれこれ」というようなどんぴしゃな本を選んできてくれてたんですが、そのうち選ぶのが大変なのか面倒くさくなってきたのかだんだんセレクトが自分好みになってきたそんなある日、理系ど真ん中の夫が買ってきた本。

f:id:rain-cascade:20151220134717j:image

「分かりやすく書いてあってすごくおもしろいんだよ!」

 ほくほく顔で差し出してくれましたが私、理系はからっきし。だけど読む時間はたくさんあったので取りかかってみましたが、やっぱり書いてあることは全然わかりませんでした。

 翌日も病室に来てくれた夫に、せっかくなんだけどもう少し肩が凝らないで読めるような本がいいんだけどな、とお願いしたところ…。

 f:id:rain-cascade:20151216222328j:image

「適当日記」

(BOOKOFFで250円だったので即買いしたらしい)

これがねー、おもしろすぎて困りましたね。

表紙の帯を外すと…。

 f:id:rain-cascade:20151216222338j:image

高田さんは先の読める男。

さらに外すと…。

 f:id:rain-cascade:20151216222347j:image

 

肝心の内容はもはや日記かどうかもわからないくらいおもしろかったです。静かな病室で声を殺して笑いました。

 

 

****************************************************

いいかげん、そろそろ電子書籍にしようかなってずーっと考えてます。

かさばらないし持ち歩く上でも重さも気にならない。印刷のコストがかかってないぶん多少安価で購入できるし。そんなに大きなデメリットはないのはわかってるんです。

でもやっぱり紙のページをめくったり読み終えた後の表紙をパタンと閉じる感じが好きっていうか。

しかも紙媒体の本にこんなオリジナルのしおりなんかがついているとけっこう嬉しくなったりするんですよねぇ。

 f:id:rain-cascade:20151219162039j:image

f:id:rain-cascade:20151219162102j:image

あーーー

これでまた電子書籍に手が出ない。