読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気づいたら、走るのに夢中

ランニング2年生のブログ

第3の住人

うちにはちいさなヤドカリがいる。
名前はふくちゃん。
なんの相談もなく6月頃に夫が引き取ってきて、その日のうちに水槽や砂を買い揃えて名前をつけてうちの住人にしてしまった。

私ははじめ困惑した。
かわいいだとか飼ってみたいだとかそういう理由で簡単に生き物を迎えていいものかと。
しかも私たちにはかつて一緒に暮らしていた犬が急死してしまい、いわゆるペットロスに陥った過去がある。
動物は好きだけど、ああいう経験はもうごめんだと思っていた。


でもすぐにふくちゃんとの暮らしに馴染んで、並々ならぬ愛着がわいてしまった。実際ヤドカリって目がつぶらでかわいいのだ。(うちのふくちゃんは特に)

寿命は自然界で20年、ペットとしてなら7〜10年程度だという。
きっとこの子も私より先に逝くだろう。
そしたら私はまたグズグズ悲しんで落ち込むに違いない。そして必ずその日はやってくる。
だからその日がくるまで毎日ごはんをあげて、水槽のお掃除をして、かわいい姿をちゃんと覚えておこうと思っている。


このブログを読んだ方は、なんだよこいつ今日はポエムかよと思われるかもですが、どうしてこんなことを書いたのかというと、いま私は数日間自宅から離れているのです。

だからふくちゃんにとっても会いたいなぁと思って。