読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気づいたら、走るのに夢中

ランニング2年生のブログ

11月振り返り

もう12月ですか。早いですねぇ。

このカレンダーも残りあと1枚になりました。

f:id:rain-cascade:20151129140845j:image
 
 
相変わらず安定して低いレベルを保ちながらぼちぼちと走って合計140km。
11月はフルマラソンに参加されたブロガーさんたちの記事を読んで本当にたくさん刺激をもらいました。
なので帰宅して家事をして普段ならダラっとするところを「行かな…‼︎」という感じで近所をぐるぐるぐるぐる。
 
f:id:rain-cascade:20151129212041p:image
毎回毎回、ブログ更新のたびにいっっっつも同じこと書いてますが、走るのが楽しいです。
 
::::::::::::::::::::::::::::::
週末、荒川を走っていた時のこと。
おそらくこの近くであろう中学校のマラソン大会に出くわしました。給水のエイドも設けられていて、さらにその日は土曜日だったので河川敷には父兄の方もたくさん応援に来ていてその学校の恒例一大イベントといった様子でした。カメラマンみたいな方もいたな。たぶん卒業アルバムの1ページを飾ることになるんでしょう。
 
大きなコーンが立っていて、「2.5km折返地点」の文字。ってことは5km走るんだ。運動部じゃない子にはきつそうな、けっこうな距離ですね。
 
そのうちその生徒さんたちとすれ違って走ることになりました。父兄の方々の応援も熱がこもっています。横断幕をふりふりしているお母さんもいました。

部活で走り慣れてる子、まだ体の小さな子、痛そうに脇腹抑えてる子、歩いちゃう子、淡々と走ってる子。
 がんばれ!って声かけたくなりますね。
辛そうにしてる子は特に。

みんなあんまり楽しそうじゃなかったな(笑)
そういう私もマラソン大会は嫌だったもんです。
雨降らないかなぁとか考えてました。
 
そう、嫌だった。
走るの大嫌いだった。
全然楽しくなかった。
 
それが今は嬉々として月に140km走ってるなんて、20年前のバンビ少女には想像できたでしょうか?
いいえできません。(反語)