読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気づいたら、走るのに夢中

ランニング2年生のブログ

破れたタイツのその後

9月の連休中に華麗に転倒しまして、

その時着用していたタイツが激しく破れました。
f:id:rain-cascade:20151001221051j:image
ちなみにタイツはワコール社製のCW-Xスタビライクスモデル。購入してからまだ3ヶ月くらいでした。
うぅぅ…。
 
派手に破れていますが、穴が開いているのは1カ所だけなんです。同じモデルをお持ちの方はお分かりになるかと思いますが、最もボロボロの部分というのは生地が2枚重なっていて、その重なった上の部分がやぶれているのです。
 
ちょっとよくわかりませんよね。
では、着用してみます。
 
〜着用中〜
 
申し訳ありません。
着用したところはちょっと見るに堪えない感じでしたので手を入れてみました。
 
こんな感じです。
肌が見えている部分が破れている箇所です。
f:id:rain-cascade:20151002192732j:image
ワコールさんではCW-Xの修理を請負っていると聞いたことがあったので、ダメもとでコールセンターへ問い合わせてみました。
 
修理には以下のような条件があるそうです。
・素材全体の痛み
  (薄くなる、伸びや戻りが悪くなる)
・機能ラインの縫製(ステッチ)部分の破れ
   または5ミリ以内の破れ
・同じ箇所の2回目以降の修理
・修理対象のモデルであるかどうか
 
私のタイツはボロボロではあるけれど穴は1箇所だし縫製部分にもかかっていない。この穴だけでもどうかお願いしたいと伝えたところ、
 
しょーがないなー
じゃあ見てみるから送ってみー?
 
との返事でした。(こうは言ってませんよ)
先方の指定通り、郵便局のレターパックを使用します。治って帰ってくるんだよ…。(高かったんだから…!)と念じながらの投函です。そしてその3日後、ワコールのカスタマーセンターから電話連絡が。
この空いている穴を修理するとなるとサイズが少々変わってしまってこの製品の機能を発揮できないので修理対象にはならないとのことでした。それから私は穴の修復だけを依頼したんですが、このボロボロの部分(生地が2枚重なっている部分)こそが膝をサポートしている重要なところなんだそうです。
f:id:rain-cascade:20151002192752j:image
なんていうか、そういうのちょっと考えたらわかりますよね…。自分のアホさ&厚かましさを盛大に晒してしまいました。
にも関わらず、
転倒したとのことですが、足の怪我は大丈夫ですか?と気遣いまでしていただいて大変恐縮するのとともに今回の対応でワコールさんのファンになりました。
 
ちょっと高いけど、また買おう。
 
ちなみに修理可能であれば無償。
送料のみ自己負担とのことでした。
 
f:id:rain-cascade:20151002175116j:image
シューの皮を作って冷凍しておいて、
クリームをぶしゅーと投入。
ドカ食いしました。