気づいたら、走るのに夢中

ランニング2年生のブログ

久々のランニングで見事に転ぶ

久しぶりに走りました。
まともに走るのはもう2週間ぶりくらい。
ずいぶん間が空いたので大丈夫かなぁと思いながら歩幅を小さくしてちょこまか走ってたんですね。
近所を1周5km。久々だし辛くなったら歩いちゃおう、くらいの感じで走っていたらこれがなかなかいい感じ。息も苦しくないし痛いところもない、気持ちいー!
もう1周行ってしまえ。
そんな感じで2周目に突入しても集中してスムーズに走れていたのです。
なんなら3周することまで考えて。

走りはじめて8kmあたりです。
何がどうなったのか、転倒。
f:id:rain-cascade:20150923135405j:image
ズサーーーーー

ところがその時の私、傷口も見ずにすぐさまむくっと起き上がってまた走ったんです。
痛いとか恥ずかしいとかそういうのはいっさい出てこなかったんですよね。ただ、

もぉぉぉぉ
今いい感じで走れてたのにーー‼︎
というおかしな悔しさだけ。

アドレナリンが出るってこういうことなのか、
血が出てる感覚もあったし、手のひらも擦りむいてじんじんしていたけど変な悔しさで燃えていたのでその時は痛みも感じずに残りの2kmを走り終えました。

家についてびっくり。
だってタイツが
f:id:rain-cascade:20150923140320j:image
(ちょっと見にくいですね)
ボロッボロ。

落ち着いてくると急に足がガクガクして痛くなってくるし立ってられない。
手のひらなんて流血騒ぎ。祭りと言ってもいい。

転んだ時点で走るのを中止するべきでした。
足首、捻ってたみたいです。


ほんとに泣きたい。

f:id:rain-cascade:20150923141839j:image
「ネタになって良かったね」

ってやかましいわ!