読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気づいたら、走るのに夢中

ランニング2年生のブログ

東京競馬場へ行ってきました

馬も好きです。

10年くらい前に初めて競馬場へ行って、
目の前で競走馬が走っているのを見てかなり感動したのがきっかけです。
近づいてくる足音、筋肉、きれいなたてがみ。
ひとめぼれの経験はありませんが、たぶんひとめぼれと言って間違いないと思います。
あのドキドキ感は今もはっきり覚えてます。
それから自然と競馬にも興味がわきました。
馬券も少しは買いますが、もっぱら見るほう。
馬好きが高じて、乗馬を習ったりもしました。
お尻の皮がむけたり振り落とされたりといろいろありましたが、いい思い出です。
 
で、急に思い立って久しぶりに先週末東京競馬場へ行ってきました。
 
まず馬頭観音へお参りです。
人参を持参していたのでお供えします。
全レース、全頭無事にゴールしますように。(馬券のほうも少しお願いします)
f:id:rain-cascade:20150630070628j:image
 
f:id:rain-cascade:20150630082439j:image
お参りを終わって振り返ると軽快な足取りのランナーが。
わたしも明日は走ろう。
道幅が広いし緑も多いし走りやすそうな歩道です。
ランニングが習慣になると、地形に敏感というか妙に気になりますね。
この坂道急だなぁとか、ここらへん1周したら何キロくらいになるんだろうとか。
f:id:rain-cascade:20150630082419j:image
 
 
 
写真は圧倒的1番人気を退けて障害戦を制した勝利ジョッキーです。
表彰式のあと、その場にいたファンの方全員にサインや握手のファンサービスを
しておられました。
減量や厳しいトレーニングの上に落馬負傷のリスクと常に隣り合わせでもあり、
また生き物をパートナーとして勝負に臨むというのは本当に大変なことだと思います。
 
f:id:rain-cascade:20150630082553j:image
 
この日は少しですがプラス収支になりましたし、ほかにも現役を引退して
第2の人(馬)生を送る馬の様子も見ることができました。
 
走ってる馬の姿はやっぱり良いです。
 
赤ペンと新聞と双眼鏡持ってまた行こう。そうしよう。