読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気づいたら、走るのに夢中

ランニング2年生のブログ

2/19 第51回青梅マラソン

私の勝負メシ、おにぎりとオープンオムレツ。

勝負というか、今日は30km以上走るぞって日は必ずこのセット+@を作って食べます。

f:id:rain-cascade:20170220095622j:image

青梅マラソンの朝も、今日は大変なレースになるなどとは想像もせずワクワクしながら食べてました。

 

「今日はファンラン。できるだけ足を消耗させないで無事に完走しよう」と言い聞かせながらスタートしたものの、ここ最近は休足していたせいか足が軽くてついついスピードが出てしまいそうに。決してペースを上げずに抑えながら慎重に足を進めて10km手前の急坂を下ると、衝撃でだんだん足裏からかかとが痛くなってきます。足が上がらず、時計はだんだん5分半を切れなくなり、折り返して下り基調のコースに入ってからは着地のたびに痛みが増して6分も切れず、最後は6分半を切ることもなくふらふらでゴールしました。

特に残りの5kmは痛い以外何も覚えていません。ただ途中で応援に来てくれていたびあーさんを沿道で見つけた時に目が覚めたというか、意識がちゃんと入った瞬間でした。一瞬だったけど痛みが消えて、元気になれたのを覚えています。

 

レースは全然楽しいものではありませんでした。 

痛みが辛くて俯いて走ってる私に「がんばれー!」と沿道から声をかけられても大した反応もできず、「私がんばってるしほっといて」などと思ってしまったぐらいです。本当に勝手なんだけど、普段のコンディションならそんな声援はすごく嬉しいし励まされるはずなのに、自分に余裕が全くないことで「がんばれ」が重たく感じてしまっていました。

 

いつでもDNSするつもりでした。道中では救護車を何度も見かけました。でもやめる判断ができなかった。根性で走り続けたとかじゃなく、やめることも続けることも、その時はなにも思い浮かびませんでした。

 

結局、痛い部分をかばって走っていたので、膝や股関節まで痛みが広がる始末。本当は参加するべきじゃなかったんじゃないか、本命レース(4月)まであとどのくらいか、ということを考えながら腫れたくるぶしを見て落ち込みました。

 

「完走おめでとう」といろんな人に言ってもらったけど正直嬉しくなかった。でも、勝敗や採点じゃなく完走して「おめでとう」ってマラソンだけですよね。そのことをレースから数日経ってようやく受け入れられるようになりました。

 

足はというと、足底筋膜炎の再発と同時にアキレス腱炎の併発です。ちょっとやそっとの休養じゃ足りないかもしれません。でもあと2カ月ある。できることをやって万全に近づけて、できれば長野マラソンのスタートラインに立ちたいと思います。

 

珍しく弱々メンタルに陥ったのでブログにもお邪魔できず、特に当日お会いした方々にはご挨拶もしておらず申し訳ありません。ぼちぼち再開しますので、どうぞ今後ともご贔屓に。

 

はてブロランナーのみなさん、またご一緒してくださいね。ありがとうございました。

集合写真、大切にします。

 

 

f:id:rain-cascade:20170221125340j:image

私完走メダルもらうのはじめてなんだけど、メダルって首にかけてもらえるものじゃないの?

袋入りを手渡し、なんですか…?(・・;) 

 

 

 

 

【速報】青梅マラソン完走しました

f:id:rain-cascade:20170219150518j:image

びあーさん(1番右手)、来てくれてありがとう!

 

スタート地点にいるスペシャルスターターのQちゃんに手を振っていたらガーミンのボタンを押し忘れるミスを2年連続で(^^;;

 

f:id:rain-cascade:20170219150029j:image

10km過ぎから足の裏が地獄でした。

こんなに辛いレースははじめてで、ちょっと今足の裏が死んだ感覚というか、痛くて歩けないです。

 

 

 

 

青梅マラソンまであと3日

青梅マラソン当日はびあーさんが応援に来てくれるし、ブロガーさん達ともお会い出来そうだから、私史上最大級におめかししてご挨拶したいけどおしゃれウエアを持ってるわけでもないので、いつも着てるコレで行くと思います。

f:id:rain-cascade:20170216073755j:image

でも、前日のSNSをチェックして参加賞のTシャツデザインが良さそうだったらそっちにするつもり(^^)

 

懸案である足底筋膜炎は、平日のランニング全休とありとあらゆる手段を講じているものの、悪化すらしないけど良くもならない、そんな感じです。ゆっくりなら全然大丈夫なんだけどペース上げるとかかとに違和感があって着地が怖い。あと下り坂も怖い。

本当は、前半温存して後半一気に行くレースプランを立てていました。もし上手くいったら自信がつくと思ったし、自信をつけたかった。

 

にも関わらずこんな足の状態じゃ無理だな、棄権しようかなぁと。

 

何度もそう思ったけど、今回はファンランだって別にいいじゃんと思い直しました。いい結果を出さなきゃいけないような気になってたけど、そんなことを考えるのはやめることに。

 

楽しもう。

(日本語がおかしいけど)ガチのファンランで、のんびりロングjogをしに行くくらいの気持ちで、朝から楽しんで帰ってこようかなと。

 

楽しまないでどうする。

せっかくのレースなんだから楽しまないと!

 f:id:rain-cascade:20170216204319j:image

 対処療法だけど一縷の望み。

本当はあんまりしたくないけど距離が距離なので、レースの途中でダメそうなら早めに判断してDNFします。

 

だって私、4月の長野でサブちゃんになりたいから。

 

 

 

再発?

f:id:rain-cascade:20170208061950j:image

ここ最近、足裏からかかと、くるぶしにかけて、この場所が朝起きたときにだけ妙な違和感があったんです。
「なんか変」とは思うんだけど、そのあと朝の家事をするのに動き回ったりしていると違和感はすぐに消えて1日過ごして、また翌朝になると同じ感覚を覚えるという。
あくまで違和感なので痛くはないのです。
痛くないから走れるし、でも去年の初フル後に足底筋膜炎を患った時の感じとよく似ているので、毎日ストレッチと筋膜リリース、マッサージを普段より念入りにして過ごしていました。

そして代休だったこの日は義兄と一緒に5分半のイーブンペースで30km走をしました。
義兄「淡々と走って余力残しといて、ラスト5kmはキロ5チャレンジするぞ〜」
私「ムリムリ〜(*´∀`*)キャッキャッ♪」
などと言いながらも「やったるわ!」ぐらいのことを思いつつ、11月のつくばマラソンでサブ3.5を達成した義兄に引いてもらいました。
ところが向かい風に苦労しながらも順調だったのは20kmまでで、以降は足裏から踵が痛み出して、もうキロ5チャレンジどころかだんだん足を運ぶのも辛くなり、無意識に着地の衝撃を和らげようとしているせいか膝も変な感じに。
結局、中止を申し出て25kmで終わりにしてもらいました。
f:id:rain-cascade:20170208062001j:image

直後は足を引きずらないと歩けないぐらいに。その後義兄とギョービー(餃子&ビール)してても味がわからないくらい気になって気になって…。
あまりに心配で帰り道に踵のレントゲンを撮ってもらったら骨に異常はないとのことなので、筋膜リリースとマッサージをして消炎テープを貼って様子をみることにしました。

足底筋膜炎の再発なのかな〜。
悪化させたくないし騙し騙しやることが良いわけないとわかっているのに、

この時期に休む勇気が、
踏ん切りが…、
つかない…。

 

 

1月振り返り

1月から別部署に異動となりました。
基本的にやることは変わらないんだけど、立場や負担が変わったことで仕事の難しさを感じたりしています。
平日は定時退社できる日も滅多になく残業続き。でもこれはある程度予想できていたことなので、1月は仕事を優先させて走れるときに走れるだけ走ろうと決めていました。そんな週末ランナーによる1月のアクティビティ全部載せー。

f:id:rain-cascade:20170202180136j:image

f:id:rain-cascade:20170202180146j:image

f:id:rain-cascade:20170202180219j:image

月間走行距離は205kmで〆。

f:id:rain-cascade:20170202180450j:image

 

なかなか仕事を自分のものにできないと焦るし煮詰まったりするけど、ひとりで黙々と、あるいは友達と一緒にどうでもいい会話をしながら走ったりしているとモヤモヤしてたのが自然となくなって、ランに救われたなぁとつくづく思えたこの1ヵ月でした。

ついでになっちゃうけど、週末は第15回新宿シティマラソンの10kmの部に参加してきました。スピード練習を疎かにしていた上に、最近またもや貧血気味で調子が悪く、スピードが上がってきたのはやっと8kmを過ぎてから。今頃エンジンかかっても〜!と思いながらがんばって走って死ぬ思いでゴールしました。
f:id:rain-cascade:20170202180312j:image
スピードレースはやっぱり苦手…(^^;;


2月は青梅マラソン(30km)に参加します。
去年ファンランで走って楽しかったので今回もそうするつもりだったけど、ちゃんとシュミレーションして行こうかなと思い直したり。
サブ4ペースのイーブンで行くか、がんばりペースで行けるところまで行くか、決まったらまた書きます。

たまーーになんだけど、足底筋膜炎が顔を出してくることがあります。やだなーこの感じ。丁重におもてなしして、早くお帰りいただかないと…。

f:id:rain-cascade:20170202180333j:image
2月もがんばりましょう(´∀`*)

 

 

東京〜横浜の旅

 週末はいつも遊んでもらっているラン友さん達と3人でバックパックを背負って横浜までマラニックをしてきました。

 

東京横浜間なら最短ルートで30kmくらいで行けちゃうんだけど、この日はもう少し距離を踏もうよということで、だいたい40kmを超えるようなコース取りの計画を立てました。

f:id:rain-cascade:20170115115324j:image

あちこちに寄り道したりコンビニエイドで休みを取ったりしながらのんびり横浜を目指します。

 

f:id:rain-cascade:20170115112634j:image

1人(左)は来月の京都マラソンの後半対策、1人(右)は6月のウルトラ初挑戦に向けての脚づくり、そして真ん中はただ走りたいだけの人(私)

 

それにしても、横浜まで国道1号線の歩道をひたすら走ったんだけど、ずーっとずーっとアップダウン。長くて緩い坂の連続でした。

f:id:rain-cascade:20170115223458j:image

1人なら絶対やめてた。

のんびりペースとはいえ、坂嫌いなのによくがんばった私!(涙)

 

そして2週連続の30km超のロング走は、足と内臓(特に胃)どんな影響があるのか心配だったけど、どちらも問題はなさそうです。

1度30km走の時にハンガーノック状態に陥った経験が怖くて、以来固形物の補給を頼りにしてたんだけど、固形はやめておいた方が良さそう。この日も約半分を走ったとこで小さなパイを食べたんだけどなんかどうもちょっと…。

空腹を感じる前にジェルを補給すれば本番でも十分かもしれない。(ちなみに先週の30km走では8kmと16kmでエナジージェルを摂りました)

 

そんなこんなで横浜大さん橋で無事ゴールして、その後は銭湯→中華街で打ち上げ。

豚まんのお土産と心地よい疲労感を抱えて帰宅したのでした。

 

f:id:rain-cascade:20170115225315j:image

東京駅を出発して走った距離は43km。

楽しい遠足でした(´∀`*)

 

 

30km走

どうも!後厄のバンビです!

f:id:rain-cascade:20170104072444j:image

今日現在での実年齢では36なんだけど、数え年だと38歳になるんですね。38にもなればさぞかしオトナになってるかと思いきや全然そうでもないという。

 

 

 ******************************

3連休の初日は30km走をしました。

去年から何度かやってるけど、はじめて納得のいく30km走ができましたっ!

f:id:rain-cascade:20170107215351j:image

5kmごとの平均ラップ

5'26"/5'25"/5'22"/5'05"/5'00"/4'45"

 

がんばりましたー(´∀`*) 満足♡

でもこんなペースで42.195kmは絶っっ対に無理。撃沈間違いない。多くは望まないので、キロ5分半くらいのイーブンペースで淡々と楽に走りきれるのが理想だなぁ…。

 

終わってみれば足よりも肩まわりがかなり疲れました。腕振りに力が入ってたんだろうと思います。

 

またトライしよ!