気づいたら、走るのに夢中

取るに足らないランニングのブログ。

奈良マラソンふりかえり②

もうすぐ奈良マラソンが終わってから1週間。

仕事が暴力的に忙しいので、心が死んでいる。

f:id:rain-cascade:20191209183705j:image

 

もし少しでも奈良マラソンに興味を持っている方がいたら全私が総力をあげておすすめします。応援の熱量は大きいしエイドも個性的だし、何といってもコースが刺激的で走ってて全然飽きない。

高低差はもちろんだけど風景もしかりで、言ってみたらどこにでもある田舎道を走るんだけど、私は奈良市から天理市へ向かう中間地点あたりからが特に好き。街から山へ、みたいな。

ふだん開放していないところも通れるし、天理教本部のあたりはけっこうすごいですよ。なにがすごいの?と思ったらぜひ来年エントリーしよう。

 

坂パラダイスだけど、奈良マラソンはほぼ同じところを往復するコースなので、たとえ登りで痛めつけられても下りがあるから平地と同じようにがんばらなくても大丈夫。

私みたいに坂道が絶望的に走れないへなちょこマンでもなんとかなってるので大丈夫です。

それより、奈良マラソンで大事なのは登りより下り。

後半やってくる坂の波状攻撃に耐えられるようにいかに序盤から省エネで走るか、脚を使わないか、それが重&要だと思う。

 

ひとつ不満をあげるとしたら前日受付はなくしてほしい。

駅からまぁまぁあるし、良アクセスとはいえない場所なので事前に送ってくれたら楽なんだけどな。

でも奈良マラソンは受付と同時に開催してるEXPOが物販あり出店ありでけっこう充実してるので行けば行ったで楽しかったりしますね。

奈良マラソンに限らずだけど、マラソン大会における前日受付システムもそろそろ見直してほしい。と個人的には思います。

 

 

 

「ちゃんとガーミンの充電をしていたら」とは5万回くらい思ったけど、たぶんしていても結果はそれほど変わらなかったと思う。マラソンってまぐれとかミラクルとかないから、落ち着くところに落ち着いた結果だとそう思ってます。

 

でも去年より3分サブ自分できたことはとてもうれしい。

たった3分だけど、私には大きな3分です。

 

あまり甲乙つけるのは好きじゃないけど、奈良マラソンは私の中で1,2を争ってるくらい好きな大会です。わざわざ行きたいくらい好きだけど、この時期行われるほかのレースも走ってみたいので、さみしいけどいったん卒業します。(本当は迷ってるけど)

 

また脚を作って必ず帰ってくるので、鬼コースは変えないでね(^^)

これからも地元の方やたくさんのランナーに愛される大会であり続けますように。

f:id:rain-cascade:20191213165217j:image

 

 

 

next▶︎▶︎▶︎静岡マラソン

しぞーか(^^♪しぞーか(^^♪

同じく参加されるみなさま、3月はよろしくお願いします。

 

 

 

12/8 第10回奈良マラソン

奈良は山だからか朝がとても寒くて、気温よりもずっと寒く感じる。ミニオンとか、モコモコの仮装の人があったかそうだなぁとか思ったり。

f:id:rain-cascade:20191208184529j:image

 

マルさん&ごいさんと合流して、

f:id:rain-cascade:20191208135920j:image

ごいさんとアームカバーが同じで喜ぶ私。

f:id:rain-cascade:20191208143435j:image

ずっとこうやってお話ししていたいけどそういう訳にもいかず(当たり前)、スタートブロックに入る。

スタート3分前のアナウンスが聞こえたのでどれそろそろ、とガーミンのGPSを起動したら突然「電池残量低下」の文字。嘘でしょ!!と思ったけどもちろん嘘じゃなくてしかも残量2%…2ぱぁせんと。

騒いでもしょうがない。2%じゃもう先は知れてるし、潔く電源を落として体感で走ることにした。2回目の参加でコースは頭に入ってたので、なるべく冷静に「少しゆっくりかな」くらいの速度で淡々と。以下、記録は公式のもので5kmごと。

 

15kmまで(26:58-26:43-25:29)

序盤は大した坂もなく平坦〜下り基調。「少しゆっくりかな」で走ってるけどどれくらいなのか全然わからなくてひたすら不安。スタート時の2分半のロスと、5kmごとの公式記録と照らし合わせてなんとなくこれぐらいじゃないかと考えつつ進む。焦りと不安はあったけど、わりと周りは見えてたと思う。下り坂はついスピードがついてしまうけど、貯金と思ってあまり気にせず走った。ぺんすけさんとスライド。1年ぶりでうれしかった。

 

30kmまで(27:16-25:47-28:07)

天理に入って山区間のはじまり。ひとつめの山越えが終わったところで、序盤から頭を使い過ぎて早々に疲れていることに気づく。補給しないともたない気がしてジェルやらエイドのバナナやら積極的にいろいろ食べる。もちandろん、ぜんざいも。なんなら2杯食べた。甘くてあったかくて元気が出る。

中間を過ぎたら坂パラの本領発揮だし、もう体感ペースにはこだわらなくてもいいことにした。ここからは自由に、私の走りたいように。

気持ちが吹っ切れたとき、ぺんすけさんと2度目のスライド。ぺんすけさんにしてみれば、満面笑顔の謎の女がバカ声張り上げて名前呼んで向かってくる姿はさぞ気持ち悪かったと思う。精神的苦痛になってないといいんだけど…ぺんすけさん…ごめん…ね……。

 

このあと2回目の山越え。しんどくて息が止まりそうになる。

 

40kmまで(26:29-27:19)

30kmからバンバン坂道だからほんと辛いんだけど、沿道の応援がたくさんあってなんとかがんばれる。名前入りゼッケン(有料)にしたので、名前を呼んでもらえて、それが嬉しくて自然と笑顔になれる。そうするとさらに応援してもらえる。あっちも笑顔、こっちも笑顔。このサイクルはとても良き。

f:id:rain-cascade:20191208182912j:image

 

finishまで(-12:03)

奈良マラソンって鬼だから、ラスト1kmまで上り坂なのよね。山越えも相当辛いけど、この緩い上り坂1kmもまたしんどい。

 

坂パラダイスはやっぱり今年も優しくなかった。しかも今回はいらん苦労もしたから脚より頭のほうが疲れたけど、なにも考えずに走る山越えは楽しかった。逆に平坦なポイントがちょっとつまらないとさえ思った。

 

残りたったの200m。フィニッシュゲートのある競技場の青いタータンが綺麗で、奈良マラソンが終わっちゃうのが少しさみしかった。

 

f:id:rain-cascade:20191208182851j:image

 

 

続き、あとちょっと書きまーす。

長くてすみませんですー( ´Д`)

 

 

【速報】奈良マラソン2019

2度目の奈良マラソンから帰ってきました!!

 

もー大変よ大変。

なにが大変ってあーた、コースはもちろんなんだけど

 

ガーミンのバッテリーが残り2%だった😵

(スタート3分前に気づいた)

 

詰んだ

 

 

というわけで全くあてにならない体感ペースを頼りに走ってきました。

時計がなくて不安だったけど、なんとかネットでPB😂

ほんとにほんとに疲れましたーーー。

 

 

詳しくはまたふりかえりで書きます。

ではまた(^^)

f:id:rain-cascade:20191208134018j:image

 

明日は2度目の奈良マラソンです

本当は「【奈良マラソン】補給どうする問題」も書きたかったんだけど、それほど問題でもないなと思ったのでボツ。

いつも適当なところで飲んだり食べたりしてるけど今回もたぶん同じになりそう。というか、忘れちゃうんだよね。で、30k手前あたりで思い出すっていう。

 

*********************************

そんなことより、明日はこれで走ります。

f:id:rain-cascade:20191207120611j:image

えーと、なにこれ?(ウエアです)

荷物まとめる前にガサッと出して撮ったのでなんかよくわかんない写真…。

 

いろいろ考えたけどシューズはじゃないほうのピンクで。寒そうだからゲイターも。手袋は必須。赤+黒+ピンクと好きなカラーでそろえました😆

 

相変わらず鈍足でスピードはないけど足の状態は良&高です。明日は30kまで落ち着いて冷静にふんわりサブ4ペースで、あとはがんばれるだけがんばる。

 

去年1回走っててどんなコースかは知ってるし、コース動画を何回も見てイメトレもした。体調もいいし、体重も落とせた。あんまり坂練できてないのがアレだけど、あわてず騒がず、淡々と走ろうと思う。

 

レース前ってめったに緊張しないけど、奈良マラソンはなんか身構えてしまう。めっちゃいい人なんだけど苦手なタイプの先輩と一緒に仕事するみたいなそんな気持ち。

はぁ、先輩怖いなぁ(笑

 

 

目標はサブ自分。

前走の水戸黄門漫遊マラソンがかなり消化不良だったので、明日はパラダイスパラダイスしてきます。

 

 

逝ってきますね🦌🦌🦌

ではまたー(^^)

【奈良マラソン】シューズどうする問題

結構悩んでる。

 

ズームフライフライニットか?

じゃないほうのピンクか?

f:id:rain-cascade:20191206081556j:image

フライニットは今年の2レースをがんばってくれたので信頼度大。(今年の春に軽井沢のアウトレットで8000円くらいだった)

 

 

「じゃないほうのピンク」はズームフライ3。

初代~フライニットと高相性だったのでなにも考えず購入したけど、なんかやけに重いのよね。カラーは大好きなんだけど。

 

だから雨用&練習用かなー・・・なんて思ってたんだけど、今度の奈良マラソンはできるだけペースを自重して行きたいので、それなら重いシューズのほうがアリかも!と思ったり。

 

でももし、終盤ぐでんぐでんになってたらどうしよう。

重いシューズを引きずって・・・走る私の姿が・・・見えるぞ・・・(涙)

 

 

あと2日!もうどうにでもなーーーれ。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚

 

【奈良マラソン】ペースどうする問題

今週末は坂パラダイスの奈良マラソンに参加します。

今のところ雨予報はなく、朝が寒いくらいで走るのに問題はなさそう。

 

さて、2度目となった奈良マラソン。コースマップと日本一頼りない昨年の記憶をもとに、今回はどう走るか考えてみました。

f:id:rain-cascade:20191201065901j:image

恐ろしいことに、奈良マラソンは30km以降が細かな坂の連続で、これこそが坂パラダイスと言われる所以です。(私しか言ってないけど)

後半に坂が多く設定されていることから、ペースダウンを想定して前半に貯金しておくというのは大変無謀なレース展開になるでしょう。

したがって、平坦コースより思いきって10~15秒ダウンくらいのペースで30キロまで進み、そこからの12キロを垂れずに頑張る!というのが今回の攻略法かなと思います。

 

というわけで巡行ペースは5kmを26分台で距離消化していく感じで。とにかく脚は温存で、前半の下り区間でも速くなってしまっても26分は切らないくらいにしたいですね。アップダウンがそこらじゅうにあるので、1kmのラップに一喜一憂せず5kmごとをだいたいの目安で考えます。

そうなると最終的に3時間50分前後で帰ってこれるはず…これならたぶん安全策だけど、ちょっと弱気かなぁ。

 

 

あと2日。

坂パラダイスこわいなーーー😂😂😂

でも、2度目の奈良マラソン

とても楽しみです。

 

これが最後のつもりで。【飛騨高山ウルトラマラソン】

ぽちっとな!

f:id:rain-cascade:20191127211216j:image

 

本当は100kmの部を走りたかったんだけど、うちの夫はウルトラマラソン大反対派。約半年の間プレゼンと交渉を重ねましたが、とうとう首を縦に振らず、しかしながらどうにか71kmの部エントリーで折り合いをつけました。

 

夫は私の趣味や仕事にとても理解があります。

いつも応援してくれるし、家を空けるとなれば全面的に協力もしてくれます。

自分もロードバイクを愛好しているので、似た部分ではこちらの気持ちも少しはわかるのでしょう。だからやみくもに反対しているわけではなく、私の体のことを心配して渋っているのです。

 

夫が心配する気持ちもよくわかるんです。

ダメージ大きいですからね、ウルトラって…。

特に私は内臓が強くないので、過去を振り返っても数日間は食欲不振が続いたり浮腫がおさまらなかったりといろいろ引きずるし、実際今年5月に参加した「愛マラ」では暑さによる体調不良でボロ雑巾になって帰ってきました。

 

わざわざ大金を払い、わざわざ遠方に行き、挙げ句の果てに体調不良で帰ってくる。こんな妻を目の当たりにすれば、いくらウルトラの良さを伝えたところでも夫には「生き急いでいる」ようにしか見えないのでしょう。

****************************************

 

最初は、「71kmを走る」と言っておきながらひそかにちゃっかり100kの部にエントリーしたろ、などと目論んでたんだけど、さすがに付き合いが長いと私のそういった浅い考えはまるっとお見通しのようで、実際にエントリーするときも夫の見ている横でボタンを押さなければならなかったという…(汗)

まぁどのみち当日アップデート見るだろうから、ごまかしてもバレるんだろうけどね。

 

そしてウルトラはこれで最後にしてほしいとも言われました。

自宅に無事に帰ってくるまで本当に気が気がじゃないと。

レースから数日間の体調不良の様子が見ていられないと。

やりたいことはやってほしい、つまんない反対はしたくない、でも君はほかの人とは違う、ほかの人は大丈夫でも君も同じなわけじゃない。

 

わがままを押し通したい気持ちもかなりあったけど、こんなに自分のことを心配してくれて、なおかつ応援してくれる人は夫以外いません。

 

夫には気持ちよく送り出してほしいし、 いつも一番に応援してくれる人であってほしい。なので、私も夫の気持ちを最大限に理解したうえで、これが最後のウルトラマラソンとして71kmの部にエントリーすることに決めました。

 

71kmとはいえ、「西の難コース」と言われる高山を走れるのは今からとても楽しみです。100kmが良かったけどね、ほんとはね。

 

ご一緒できるみなさま、来たる6月はどうぞよろしくお願いします(^^)